子供とお金について

二人の中学生を育てる母です。
子供が小さいときは短時間のパートでもどうにか生活できていましたが、下の子が中学生になったとたんに出費がかさんで大変なことに。
上の子が受験生なのもあって塾代がとてもかかること、下の子の入学とともに制服や学用品の購入代もかかること。義務教育なのにこんなに出費がかかるなんて!とぐったりします。
今はまだどうにかなっても、この先高校大学となるともっとお金がかかります。子供の希望する教育を受けさせてあげたいのが親心というものです。頑張って働いていますが、給料もそれほど多くもらえるわけでもなく、頭をかかえています。
子供が成人後にちゃんと仕事を続けていけるのか、社会になじんでいけるのかという不安や、親の介護、自分自身の老後、考えるとキリがありません。いくつになってもお金の問題は付きまとうものでしょう。
私たちの世代は年金すらもらえないかもしれない、というはなしも聞きます。貯蓄していくのが一番なのでしょうが、子供を育てながらの貯蓄はなかなか難しいです。
せめて義務教育にはもう少し補助を増やしてほしい、高校大学に進む際に手厚い援助をしてほしいと思います。上の子には来年の春には安心して高校に通えるよう、親としてできるだけのサポートをしていきたいです。
羽毛布団クリーニング 保管